スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<沈没トルコ艦>救助から120年 和歌山・串本で追悼式(毎日新聞)

 和歌山県串本町沖でオスマン帝国の軍艦「エルトゥールル号」が沈没して今年で120年。その際の地元住民の救助活動が縁で、日本とトルコの友好の扉が開いたとされる。イラン・イラク戦争時にはトルコ航空が日本人のために特別便を飛ばしたり、トルコで大地震があった際には海上自衛隊が仮設住宅を輸送するなど、互いに救いの手を差し伸べてきた。6月には海自の船も参加して同町で追悼式典が開かれる。

 エ号は親善交流のため1890(明治23)年6月に来日。横浜から帰国途中の同年9月、串本沖で暴風雨に遭い沈没。乗組員587人が犠牲になったが、地元住民が69人を救助し、日本海軍の艦船で無事帰国した。これが縁で、1922年にオスマン帝国が滅んでトルコになってからも、国民は日本に親近感を持ち続けたとされる。

 イラン・イラク戦争が激化してイラン在留日本人が孤立した85年には、日本が救援機派遣をちゅうちょする中、トルコ航空機2機がテヘランに飛び、日本人215人全員を救出した。

 一方、99年のトルコ地震の際には、海自が輸送艦「おおすみ」など3隻で、仮設住宅約500戸と毛布2000枚などの救援物資を届けた。海上自衛隊幹部学校の副校長を務める福本出(いずる)海将補(53)は当時、在トルコ大使館の防衛駐在官として調整に当たった。

 「阪神大震災で使い終わった仮設住宅を提供できるとトルコ政府に伝えても『大変な状況で取りに行けない』と断ってきたため、自衛隊とも協議して海自の船で運ぶことを決めた」と振り返る。「(イラン・イラク戦争の際の)恩返しの気持ちもありました」(福本海将補)という。

 エ号を巡っては映画化構想も進み、10年2月まで5年間の調査で引き揚げられた遺品が小道具になるという。

 6月3日には串本町で追悼式典が開かれ、トルコ政府代表や海軍関係者らが参加する予定。海自の護衛艦で遭難海域へ向かい、献花する。トルコ建国の父で初代大統領のケマル・アタチュルクの銅像(高さ4.2メートル)の除幕式も行われる。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
<関連記事>日本トルコ友好120年:軍艦遺品・串本沖調査 遭難・エ号、映画化構想 
<関連記事>青函連絡船「洞爺丸」沈没
<関連記事>相模湖で遊覧船沈没
<海難事故の写真特集>イージス艦「あたご」衝突、漁船沈む
<海難事故の写真特集>漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ

<平塚タクシー強殺>駅乗車の客が事件に関与疑い(毎日新聞)
パロマ元社長ら有罪確定へ=一審有罪、控訴しない方針(時事通信)
アジサイが見ごろ=長崎市〔地域〕(時事通信)
川崎信金秘書室長を逮捕=覚せい剤所持容疑、大手企業社員らも―神奈川(時事通信)
環境面に徹底配慮=普天間代替施設―鳩山首相(時事通信)
スポンサーサイト

最古の刺繍 西陣織で再現 中宮寺に奉納(産経新聞)

 聖徳太子ゆかりの中宮寺(奈良県斑鳩町)に伝わり、国内最古の刺繍(ししゅう)とされる「天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)」(国宝、飛鳥時代)が西陣織で再現され、17日、中宮寺に奉納された。人物や飛天、鐘楼などが金銀を含む12色の糸で織られ、太子が往生したという「天寿国」の姿が京都の伝統技術によって色鮮やかによみがえった。

 天寿国繍帳は太子の死をいたんだ妃、橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が作らせたとされ、現存品(縦約89センチ、横約83センチ)は断片をつなぎ合わせている。

 中宮寺では日ごろ複製品を展示しているが、20日~6月10日に新潟県内の美術館に出展される本尊・菩薩半跏(はんか)像(国宝、飛鳥時代)の代わりに、奈良国立博物館(奈良市)に寄託している天寿国繍帳の実物を公開する。これを機に西陣美術織工房(京都市上京区)が作品を奉納することになった。西陣の職人が約4カ月かけ縦糸約6500本、横糸約2万本で織り、縦70センチ、横64センチの作品に仕上げた。月の中のウサギや蓮(はす)なども再現されている。作品は6月11日から中宮寺で公開される。

【関連:桜、機関車庫…いろいろな“最古”】
世界で2番目に古い貝の化石発見 深海生物進化の定説を補強
国内最古の機関車庫公開北海道小樽市、修理終わる
法隆寺だけじゃない、斑鳩の塔ものがたり
上陸ブーム「軍艦島」解禁1年、予想3倍の観光客
間もなく満開 日本最古の山高神代桜

転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
未婚化は日本の危機だ(産経新聞)
<口蹄疫>カバと触れ合い中止 人気イベントお預け(毎日新聞)
仕分け劇場に暗雲 民主・尾立議員、会社経営に“介入”?(産経新聞)
プレコリオ系ダンスって何? 導入するスポーツクラブが続出(産経新聞)

NPT会議 藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)

 【ニューヨーク錦織祐一】核拡散防止条約(NPT)再検討会議が開催中の当地の国連本部で6日、日韓のNGOによる北東アジア非核兵器地帯創設を目指す会議が開かれた。82年に国内初の非核宣言を制定した神奈川県藤沢市の海老根靖典市長(54)が出席。「20年までの核廃絶のため、具体的な行動を起こすべきだ」と力説した。広島原爆の惨状を目の当たりにした父の思いを受け継ぐ。

【関連写真特集】長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影

 市長は会議で、(1)すべての国から平和市長会議加盟を目指す(2)今年8月6日に広島市で国際会議を開催(3)NGOとともに各国に核兵器廃絶を要請する統一行動--を提案。「帰国後、神奈川の他の市長と連携し、輪を広げたい」と述べた。

 市長の父保久さん(98年に73歳で死去)は海軍兵学校卒業後、山口県徳山市(現・周南市)の海軍燃料廠(しょう)に勤務。広島原爆投下6日後に原子野を訪れたが、市内に住んでいた友人全員が死亡していた。戦後は検事を務めたが、「ショックを受けていて戦争のことは語りたがらなかった」という。

 市長は08年に初当選。今回のNPT再検討会議には、こうした父への思いから自ら参加。車椅子に乗り被爆体験を語る下平作江さん(75)ら被爆者の姿を見て改めて「時間はないのに、被爆国であることすらどんどん風化している」と痛感したという。

 日本非核宣言自治体協議会長を務める田上富久・長崎市長は「非常に心強い。多くの市民が連携して核廃絶の包囲網を築きたい」と話した。

【関連ニュース】
【関連写真特集】広島原爆の日:平和への誓い新たに
<関連記事>NPT会議2010:惨状、今もまぶたに 被爆者5人、シンポで体験証言 /広島
<関連記事>NPT会議:紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生
<関連記事>NPT会議:国連本部で原爆展 今も残るケロイド見せ訴え

政府案取りまとめへ詰め=普天間移設で閣僚会議(時事通信)
囲碁 羽根の先手番で火ぶた 本因坊戦第1局(毎日新聞)
<福岡エムケイ>初乗り500円当面認める 地裁決定(毎日新聞)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
普天間 「月末に終わらない」 前原氏、協議継続見通し(産経新聞)
プロフィール

ふかがわしゅうじさん

Author:ふかがわしゅうじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。